医療法人 ヒグチ歯科医院 HOME MENU TEL

072-445-8808
0120-45-8809

歯周病

歯周病

■歯周病

歯周病とは、磨き残し(プラーク)により、歯を支える歯茎(歯肉)および骨(歯槽骨)が、破壊されてしまう病気です。
プラークには、歯周病原菌が含まれており、歯周病初期には、歯肉が赤く腫れたり、歯肉からの出血がみられます。進行すると、歯を支える歯槽骨が破壊されて、歯がぐらぐらになり、抜け落ちてしまいます。また、プラークの放置は、口臭や寝起きの口内の不快感を引き起こすこともあります。


P.M.T.C.<プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング>

虫歯や歯周病の原因である『バイオフィルム』を特殊な機器を使い、専門の歯科衛生士が高度な技術とブラッシング指導により取り除きます。
定期的に行うことで、口臭の原因となるバクテリアの増殖を抑えると同時に歯質を強化し歯の美しさ、つるつる感をキープすることができます。

■歯周病の主な特徴
  1. 朝起きたとき口の中がネバネバする
  2. ブラッシング時に出血がある
  3. 口臭が気になる
  4. 歯肉がむずがゆい、痛い
  5. 歯肉が赤く腫れている(健康な歯肉はピンク色っでひきしまっている)
  6. 食べ物が噛みにくく、歯の動揺がある
  7. 歯が長くなったような気がする
  8. 前歯が出っ歯になったり歯と歯の間に隙間が出てきた

※このような症状がひとつでもあったら歯周病かもしれません。すぐに検査を受けた方がいいでしょう。

■歯周病治療

歯周病治療とは、皆様の大事な歯、歯肉及び歯槽骨を歯周病からまもるために、
また、重度の歯周病への進行を防ぐために行っていくものなのです。
具体的には、歯と歯肉との境目の溝(歯周ポケット)のプラークを適切な歯磨き(ブラッシング)で取り除き、プラークが石灰化した歯石を掃除(スケーリング)して、プラークを取り除きやすくしていきます。場合によっては、歯周外科処置および歯周再生療法(エムドゲイン)などといった、より高度な歯周治療をしていくこともあります。
重度な歯周病の場合、船越歯科歯周病研究所(福岡)(外部パソコン用サイト)とカンファレンスして治療方針を考えてまいります。
歯肉の症状や歯の動揺など気になる方、また、現在、気になる症状はなくても、
歯と歯肉の健康を大事にされたい方は、一度ご相談してください。

歯周外科担当医
樋口院長 曽根先生 三谷先生

歯周治療は奥が深く日進月歩です。常に、「個々の患者様にとっての最善の治療」が出来るよう 定期的に専門の講師の先生をお招きし、ドクター・歯科衛生士、スタッフも講習会に意欲的に出席することで、日々勉強を重ねています。

日々勉強
講師の歯科衛生士 加藤久子先生による講習会

【略歴】
加藤 久子(かとう ひさこ)
1982年 日本歯科学院専門学校卒業
同年 開業医勤務 (大阪府)
1994年 マサチューセッツ州デンタルハイジニスト ライセンス取得
1995年 Forsyh School for Dental Hygienists
アドバンスデンタルハイジーン大学卒業(4年間プログラム)
ノースイースタン大学卒業
同年 コミュニティヘルスセンター勤務(~1999年まで)
2000年 ニューヨーク州デンタルハイジニストライセンス取得
同年 歯科エージェンシー勤務(~現在に至る)
2001年 デンタルサービス勤務(~2002年)

患者様の中には、歯科治療に対して不安や戸惑う方が少なくありません。
その不安を少しでも取り除くお手伝いをさせて頂き、治療後の素敵な笑顔に出会えるよう患者様を全力でサポートさせて頂きます。

皆様の笑顔が、私たちヒグチ歯科医院の喜びです。

■いびき・歯ぎしりでお悩みの方へ

歯ぎしりや鼾(いびき)は睡眠中に無意識に行なわれるため本人ではなかなか気づかず、気付いても簡単に止められるものではありません。歯ぎしりによる強い力が歯に加わることで、歯根部や周囲の骨組織に負担をかけ、骨の吸収を早めてしまいます。またいびきは空気の通り道である上気道が狭くなり、呼吸をしたときに口蓋垂や軟口蓋などが空気との摩擦によって振動することで生じているもので、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の顕著な症状といわれております。
それらは単にうるさい・耳障りだといった問題ではなく、放置することで歯周病や顎関節症を悪化させたり、慢性的な睡眠不足・高血圧・心疾患等の生活習慣病にもつながるものですが、発症の原因として舌の位置が一つの要素となります。
本来舌は上顎についた状態でその先端が上顎前歯の裏側の口蓋と接触するようになっています。それが、普段の食習慣や口呼吸の影響で舌の筋肉が衰えて下がる(喉に落ち込む)様になると気道が狭くなる・噛み合わせが悪くなるなどの悪影響を及ぼします。とは言え長年染みついた舌癖をすぐに正すことは難しいものです。 ヒグチ歯科医院では装着することで舌を支える舌骨の位置が改善し、正しい舌位・正しい咬合を回復するSLP・SPPというプレート(マウスピース)を患者様一人一人に合わせて製作致します。

SLP・SPP

上記の症状でお悩みの患者様は、ぜひ一度ヒグチ歯科をお尋ね下さい。

072-445-8808
0120-45-8809
メールでのお問合せ
ツイート